×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


もうすぐ2006年も終わり、ということで




早いもので2006年もあと数日。去年は卒論で今年は就活と、
物理的な疲労は無いのに気持ちばかりが焦りまくるという何とも不健康な年末を
迎えております。
いや、気力は去年の方が削られてたかもしれない。年末のローゼン放送の時間帯が
変更になって録画失敗した時、「ま、DVD買えばいいや…。」で済ましちゃったからなあ…。
しかも雛苺メインの回を。今そんな事したら自分で自分を絞め殺せる自信がある。

ローゼンメイデン特別篇、DVD発売まで観るの我慢する!…と決意した筈なんですが、
24日の時点で既にその禁忌を破ってしまいました。オープニング+初めの5分だけだけど。
感想としては…、やっぱりお父様は外道だよなコレ。
銀ちゃん、最初は、お腹どころか足すら作ってもらえなかったのか…。服まで用意しときながら。
しかも次に作られたのが金糸雀とは。そりゃ銀ちゃんでなくても性格歪むよ。
それでもお父様を恨まず、逆にお父様に可愛がられた真紅に憎悪を向けるところが女の子らしい。

翠星石のツンデレっぷりは何度観てもイイ。ふあ〜っとなる。
これ観てるだけでこんなに幸せな気分になれるのは何でだろう。
真紅も相変わらず女王様。勝手にネット通販でくんくん本を購入してたのには笑った。
全体的に作画レベルも良いし、DVDはやはり購入しよう。

2006年を総括する意味で、今年放送のアニメランキングを少し。
作画うんぬんより、より面白かったものを重視してあるので、その点はあしからず。


第五位:舞‐乙HiME

「方法なんて分からない…。でもやらなきゃ…!ニナちゃんが泣いてるの!!」(byアリカ・ユメミヤ)

ラスト3話の怒涛の伏線回収、それに連なるラストバトルへの盛り上げ方、そして決着。
ここまで綿密に計算されたシナリオはそうそう見当たらないんじゃないか。
あの前作を超える完成度を見せるってのも、何気に凄い事だと思います。
あと田中理恵の破壊力。銀ちゃんといいトモエ様といい、コッチ系の演技は頭ひとつ抜け出してます。


第四位:ガン×ソード

「意味があるのは、その命が生み出すもの…。そう、『夢』だ」(by鉤爪の男)

キャラの立たせ方が上手過ぎ。ヴァン、ウェンディ、ジョシュアの組み合わせの妙、
それほど濃いわけでもないのに何故か印象に残るサブキャラのみなさん。
キャラデザ担当の人の描き分けが上手いってのもあるでしょうが…。
台詞回しのキレも最高。今更ながら、倉田英之って凄い人だったんですね…。
上記の台詞を、ウェンディに一度は納得させちゃうんだもんなあ。


第三位:ウィッチブレイド

「いーえ、今乗り換えただけです」(by瀬川弘樹)

「一見スマートながら、心の底には強い芯を持っている」キャラ作りが琴線に響きました。
なんだかんだ言いながら雅音と梨穂子を心配しちゃう斗沢や、
チョーさんを始め、奈月ビルの住人のいい人っぷりに泣けた。「大吉です!」も最高。
舞‐乙HiMEもそうだけど、ラストが綺麗にまとまってたらそれだけで名作と言えるんじゃないか。


第二位:交響詩篇 エウレカセブン

「これが…、大人のやることかあァッッッ!!デューイィィッッッ!!!!」(byホランド・ノヴァク)

今年放送された分は10話ぐらいですが、それでも二位は堅い。
ボーイミーツガールの王道を50話かけて演出したからこそ、このエウレカとレントンの絆はあった。
本当に細部まで作りこまれた世界観、少年少女の成長を逐一描いていく真摯さ。
それに加えて、ロボアクションへのこだわりも相当なもの。
この作品は本当に製作スタッフに恵まれていたと思う。


第一位:コードギアス 反逆のルルーシュ

「いいだろう…。結ぶぞ!その契約!!」(byルルーシュ・ランペルージ)

「先の見えない面白さ」とはこういうもんじゃ!と教えられたような気がします。
息をつかせぬ新展開の連続、そして引きの強さ。
掟破りのキャラ設定もさることながら、それを活かし切る手腕も素晴らしい。
サンライズの持てる力を全て結集させて作られたこの作品、絶対観るべき。


こんな感じです。「ゾイドジェネシス」、「N・H・Kにようこそ!」、「ワンワンセレプー それゆけ!徹之進」
なんかも面白く観させてもらいましたよ。
「武装錬金」は原作知ってるという点で、五位以内には惜しくも入らず。
作画を見れば、ダントツはやはり「涼宮ハルヒの憂鬱」かな。

それにしても今年はサンライズ制作の作品が多かった。
秋開始だけでも「結界師」、「いろはにほへと」、「コードギアス」の3つ。
作品数だけならGONZO超えちゃったんじゃないだろうか。
それに加えて「かいけつゾロリ」みたいな子供向け作品も作っちゃうんだから、芸の幅が本当に広い。

うーん、今年は本当に面白いものしか観てなかったつもりだったけど…。結構数あるな…。
来年はもうすこし減らさなくては。

あと、「kansou」のアニメ感想ページに、小さめのイラストを追加しました。
もし興味があればご覧下さい。
新TOP絵の方は、プリンタが壊れたこともあって、UPが1月1日より少し遅れるかもです。

それではよいお年を!



戻る