×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


違う意味で鍛えちゃったプリキュア




久しぶりにプリキュア絵描いた気がします。相変わらずなぎさが男前だ…。
先日、日本全国徹底調査!好きなアニメランキング100を前半だけ観たんですが、
本名陽子とゆかな(なぎさとほのかの中の人)が出てました。
ほのかの声、あらためて聞くと本当にキーが高いなー。人が出す声だとは思えん。

番組のほうは、アニメの人気ランキングを延々決めていくという内容でした。
その中で、おジャ魔女は63位、プリキュアは70位だったんですが、
投票した年齢層の違いが興味深かったです。
おジャ魔女に投票した人の過半数は、10〜19歳に集中し、
一方、プリキュアの方は、0〜9歳が圧倒的に多い、という結果になってました。

おジャ魔女が放送されてたのは6年前〜3年前の4年間なので、
投票した人の多くは、当時小学校低学年ぐらいの年齢だった筈。
ということは、おジャ魔女もプリキュアも、観てる年齢層はほとんど同じなんですな。
一方は小学生の魔法使い、もう一方は中学生のバトルアクション、と
結構内容の方は違ってるんですが、それでもちゃんと売れてるのは、
スタッフの人達が市場の好みを的確に捉えてるからこそ。
商業的に言っても、プリキュアの成功は作られた必然だったんだなー。凄。

あと、おジャ魔女の紹介映像で第一話が流れてたんですが、作画、結構メタメタでした。
やっぱり4年間の継続があの映像美を作り出したのかな。
るろ剣が62位、ガッシュが67位と健闘してたのも驚きでした。



戻る